意識低い系ですが、何か? VermilionSwan1988のブログ

外見はともかく、冴えない低収入の「Vermilion Swan 」が札幌での日常をつぶやきます!もとえ語ります!(笑)ちなみに趣味はネットサーフィンとボールペン集め(国内外の数百円から一万円以内)など

バカッター及びバイトテロに対する告訴は両刃の剣と思われる件?!

確かに「バカッター」や「バイトテロ」の類いは絶許だし、告訴も検討するのは悪くはないと思う。
それこそ「もしもSNS等で業務上の情報を公開した結果、会社に損害を与えた際には金額の限度を問わず責任をもって賠償致します!」という内容の念書を書かせるべきだと思う!
もちろんそれでも不安な経営者は親族にまで損害賠償請求を行い、かつ従業員本人にも「生命保険」を掛けて万が一にも問題を起こせば「死の裁き」が待っているとわかれば自重するであろうか?(笑)(あのぉ、保険金詐欺は重犯罪ですよ!ましてや保険金殺人は死刑が相場ですのでおやめください!wwww)

しかしあんまりバカッターやバイトテロを厳しく取り締まるのならば、昨今のブラック企業経営者はとんでもない理由でバイトテロなどを「認定」して従業員を追い詰めるような事態も予想されるかな?
例えば「恵方巻きを一人当たり20本営業して売って下さい!売れなかった分は買取を命令します!」とかXMASシーズンならば「クリスマスケーキ10個を売るように!」とかね?
しかしながら時給で地域の最低賃金と大差ない低所得のアルバイト店員などにそんな数千円のケーキだの恵方巻きの類を大量販売のノルマを押し付ければ、彼らはやがてそれを本部に通報するだけぢゃなくTwitterなどのSNSでも件のスローガンを画像で拡散するかも知れない?
またそれによって問題が大きくなれば経営者は「バイトテロだッ!信用がガタ落ちだ!売り上げが減った!どうしてくれるッ?損害賠償だッ!!」と騒いでアルバイトを告訴するかも?
他にも「年末年始は休まないで下さい!」とか、経営者との面談を「録音」して同じようにSNSで公開するかも知れないがそれをも「バイトテロやバカッターによる損害」として告訴するかもね?
かくしてそんな「無理筋」にも近い告訴なんかしようものならば心ある従業員は去ってしまい、結局は経営者は金額以上のものを失うと思うのだ!







その都道府県の最低賃金しか出さない仕事はゴミな件?!

まあいかに北海道というか地方都市(首都圏以外)の労働者がなめられているというか軽く見られているっていう感じがするよね?!f:id:VermilonSwan1988:20190215152205j:plain
以前は低賃金ながらも最低賃金に「色を付ける」ようにしてはいたけど、昨今というか近年はそれさえなくなっているのは由々しき事態じゃね?(最低賃金とイコールぢゃ話にならない?w)
2018年は835円になったのはいいが、道内企業はこぞって「人件費の負担が増加してはやって行けない!」だの「最低賃金値上げで利益が出ない!」と叫んでいるけど、そんな経営陣はさっさと「退場」してほしい今日この頃なのだ!w(そんなありさまでもし最低賃金が全国一律1000円だの1500円なんかになれば経営者はみんな首吊らなければならないのかな?いやダメゼッタイ自殺は?!)
ついでに言えば地元紙でもそうした経営者の苦しむ(?)声が掲載されてはいるが、ごく一部を除いて匿名なので求職者はそんな経営者のいる会社なんか避けようとしても不可能なのだよ!(僕はそうした会社には倒産してもらいまともな会社に吸収合併されてほしいと願うのだが)
そしてこの2019年(新年号に!)はどうかな?850~860円は堅いはずだし、実際にそうならなくては困るのが現状である!(20円の時給増では3000円程度の月給アップに過ぎないが、アップはありがたい?w)
さてそこで最低賃金レベルの仕事と言えばコンビニ、外食、販売、食品製造(惣菜のパート?)などが思い浮かぶけど、そうした仕事で生計を立てるなんて至難の業でワーキングプアとなるのは必至で苦しいね!

何にもまして件の最低賃金の求人に大の大人というかオッサンまでもが殺到するから「札幌に限らず北海道オワタ」なんて言われるんじゃね?(例えば首都圏ならば東京都985円の最低時給ではコンビニバイトの女子高生さえ満足に集まらないほどの売り手市場らしいが?それほど人手不足なの?)
まさにゴミ求人なんだけど、そうなって来ると集まるのは「人間のクズ」とか「義務教育さえドロップアウト」したような底辺中の底辺しかいないんだろうね?(僕もその一人かって?違いますよ!w)
ついでに言えばビルメンはそこまで最低賃金ぢゃないけど世間の目から見れば「最低賃金と変わりませんね?」と笑われるレベルだろう?!
なまじ最低賃金よりかは高いがゆえに会社側は昇給を何年もしなくて平気の平左なんだから話にならない状況なのだ!(その点でビルメンこそゴミ求人の宝庫か?)
vermilonswan1988.hatenablog.com
vermilonswan1988.hatenablog.com


とにかく来年以降は転職を視野に入れて活動する件?!

まずは今年に受験資格のできるビル管(建築物衛生管理士いわゆるビル管だな)を取得して同業他社に「売り込み」工作をするべきと考えている!

特に年度末にはビルメンの求人が増加する時期を見計らって履歴書を送るのがベターかも知れないと思う!

少なくともビルメンは「資格の取得」「オーナーの交替」もしくは「転職」以外の方法で給料アップを勝ち取る事はきわめて困難な業界だからね!?

基本的にビルメン企業はごく一部の正社員というか本社の幹部社員しか昇給やボーナスを支給しないのが普通で、現場のいわゆるビルメンは低賃金の非正規がデフォなのだ!

ゆえに非正規の現場ビルメンは年収200万以下のワーキングプアに甘んじるのが普通でボーナスもないのだが、それから脱するのは転職が一番の早道だ!

「あんたはこれだけの資格を持っている?ならばこれだけ出しますよ!」みたいな感じで給料が決まるんだが、そのためには新たな資格が必要になるのだ!

とにもかくにもビル管合格を目指すしかないが、それが転職の武器でもあり他社が僕のような求職者に求める条件でもあるからなのだ!w

 

vermilonswan1988.hatenablog.com

 

 

vermilonswan1988.hatenablog.com

 

 

vermilonswan1988.hatenablog.com

 

 

 

思った通りの展開かな?監視カメラに住人が反対の声!?

まあくなるべくしてこうなった感じかな?

いくら防犯のためとは言いながらさして治安が悪くて凶悪犯罪だらけの地域ならばわからん事もないけどね?(日本では皆無だし、そんな危険な地区には誰も住みたがらないと思うがw)

それこそコンビニやスーパーなどの小売店や金融機関や病院とかならばわかるが、一般の住宅街にまで防犯カメラなんてどうよっていうのが率直な感想である!(鉄道駅のホームなどもおkだけどw)

ちなみに防犯カメラを管理するのがその辺の有象無象のオッサンやおばちゃんだというのは何とも困ったものだなと思うよ!(まあ恣意的な事情でその映像データ等が悪用される危険性はありそう?例えばそのデータを「金で買う」ような輩がいないとは保証できず不安だな?)

また5ちゃんねるでは白石区本郷には「防犯カメラは監視カメラと同じっていう理由で反対するのは犯罪者っていうか、よほど何かやましい事しているからなんだろう?」的な声が上がっているが、僕はそれこそ「頭の悪い者」に思えてあわれじゃね?!

少なくとも昨今は治安も良くなり(昔から良かったけど)不良学生が公園や河川敷で集団で乱闘なんてなくなったんだから防犯カメラなんか必要ないっていう意見もあって当然かも知れない?

まあ日本人は元来プライバシーの観念がうすい国民性だから仕方ないのかも知れないが、まさか「自宅に自分の部屋があればおk!」なんて言う民族性だから住宅街にまで防犯目的の監視カメラがあっても気にならないのかな?

www.hokkaido-np.co.jp

そして問題なのは「札幌市内の事業家」の氏名というか素性が明らかにされていないのが問題だなと思う!

件の事業家がいわゆる「IT社長」とかで、今回の寄付は自身の事業拡大のためならばそれを明白にすべきじゃね?

まあ白石区本郷通(札幌市は他都市のようなxx町とかいう表記を使わない)の住民がいかなる動機で反対したのかはわからないが、自身で意見を表明するのは悪くないと思った次第だ!(もちろん子育て世代を中心とした「賛成派」も居るにはいるけど?)

 

vermilonswan1988.hatenablog.com

 

会社で「何かを変えてやろう」という努力は無意味な件!

そもそもそうした個人の努力でどうにか変えられる事柄など全体の5~10%もあればいい方で、大半は徒労に終わるのが関の山である!
またそうしてやりたいと思うような会社なんていうのは大半がブラック企業の類で、そこではどんなに努力したところで給料アップどころか「ただ働きしてくれてラッキー?」くらいにしか思われないんだよね?
またブラック企業とまでは行かなくても日本の会社においては、社員を苦しめるサービス残業や休日出勤(代休、手当てなし)などの類は一社員の努力ごときでどうにかなるっていうものじゃない!(要は一社員の提言ごときで会社のシステムが変容するのならば、どれだけいい加減な経営しているという話になるかな?w)
またとにかくよかれと思って「提言」しても僕のように「口先ばかりで実行が伴わない」と問題児扱いされてしまうのが関の山であろうか?(その「実行」は会社というか上層部を仕事なんだけど、それがわかっていない?)
ましてや日本の会社は基本的に終身雇用で、そこでの仕事は欧米のように「コンポーネント化」されているわけでもなく「ジョブスクリプション」という雇用契約書があるわけでもないので、いわゆる「うちの会社」でうまくやっていける社員だけが重宝されるというのだから!(だから日本企業の生産性、中でもホワイトカラー層の生産性は低いのであろうか?)
そしてそんな中で「このままじゃいけない!」だの「俺がこの会社を変える!」だなんて騒ぐお調子者なんか居てほしくないっていうのが経営陣の本音だと思う!(やはり終身雇用が日本の病巣じゃね?)
vermilonswan1988.hatenablog.com
まあ要するに90年代までならばともかく会社で行き詰まって「何とかこの会社を変えねば?!」なんて思うくらいならばさっさと転職するなりして環境を変えるのがベストじゃないかと思う!
終身雇用ぢゃなきゃ話にならないのは、もはやごく一部の中央官庁や大企業くらいでその他の会社(まあ言葉は悪いが有象無象の会社とも言うんだろうけど?ww)では終身雇用なんか大して関係ないからねぇ?!w
vermilonswan1988.hatenablog.com









非常に「ゼロリスク信奉者」が迷惑に思える件!

まあ近年の日本(昔から?)ゼロリスクを謳う者のバカさ加減にはあきれて物が言えない?!
そこで僕が思いついた「ゼロリスク」の厄介者を紹介(?)するかな?ww

狂牛病騒動
かなり昔の話だけど吉野家から牛丼が姿を消して、すべて「豚丼」オンリーになってしまった!(豚丼はけっこう旨いと思ったけどw)
少なくとも僕にはクレージーっていうか理解に苦しむ反応だったが、米農務長官(日本で言えば農水相にあたる)の発言が「超ウケる」と思えた。
狂牛病で氏ぬよりも牛肉買いに行って、交通事故で氏ぬ危険性の方がよほど高い!」っていう話だがうなずけると思った。
とにかくスーパーの肉売り場から米国産牛肉が姿を消したが、狂牛病は食中毒などと違って潜伏期が20年以上あるので昔から流通している米国産牛肉を食べなくなったところで意味がないのだ!
blog.goo.ne.jp
(まあそれでも比較の対象がまるで違うけど、言われた者は納得するよね?いかに狂牛病と交通事故を比較されても困るんだが、それは「統計のウソ」なんだよね?)


②携帯電話でペースメーカーが誤差動する?
それこそ昔(95年~2000年前後)の話だが、地下鉄駅や車両に「車内では携帯電話の電源OFF」を呼びかけるポスターが貼られていたが、僕はすべての乗客が携帯電話の電源をOFFにせよっていうのは非現実の極みに思えた!(確かに車内での通話は迷惑だから禁止するのはわかるけど、全員が電源OFFなんてバカバカしいにもほどがある?)

確かに満員電車では逃げ道がないけど、それ以外の場所でペースメーカー使用者が携帯電話のそばに居たらどうすればいいのだろうか?(それでは携帯電話を持って外出できなくなる?)
それよりはそうしたペースメーカー使用者を満員電車もしくはそれに類する交通機関に乗せないように配慮する方が現実的だと思う。(時差通勤など)

更に電車自体が電磁波の塊で、他にも家電品からも電磁波は出るから携帯電話だけを悪者にしても‼️意味がないと思う。(またそうした電磁波の害を主張する者に限って東京のど真ん中で生活しているなんて笑えるね?それこそ南極かマッキンレーの山奥にでも住めばいいのに?w)
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
携帯電話でペースメーカーが誤作動?:sinnのブロマガ - ブロマガ
総務省が衝撃の発表「携帯電話でペースメーカーが誤作動する可能性はまずない」 | netgeek

さて他のケースはざっとおさらいする程度になるけど、南スーダンにおける自衛隊の「日報隠し」だってもしかしたら「一人の戦死者も出してはいけない!一切危険な地域で作戦行動をさせてはいけないッ!」と叫ぶ平和ボケした日本人がうざくて「面倒な日報は見せるな!」とばかり隠匿した可能性があるねぇ?

他にも公園の遊具で子供が死傷すればヒステリックに責任追及をする者がいるから、日本中の公園から遊具がなくなるばかりか「公園でXXXXを禁止します」の看板だらけになったりするんだよね?!
要するに「誰にも責任がなくても事故は起きうるし、死者が出るケースもあり得る」っていう話が理解できないんだろうか?
chikirin.hatenablog.com

という訳で筆者Vermilion Swanは常に「ゼロリスク信奉者」が暴走しやしないか気になるんですよ!(笑)

もしかして「終身雇用」は「禁断の果実」だったと思う件!

以前経済関係の記事に「終身雇用の時代が続きましたが、経営陣はリストラと言う名の人員整理を始めそれは禁断の果実となるでしょうね?」という論調であったが、よく考えても見れば日本は「終身雇用」を導入していたのはせいぜい高度成長期が軌道に乗り始めた頃からでそう長い時代ぢゃないんだよね?

戦前から戦後しばらく(あるいはそれ以前)は終身雇用なんてなくて、労働者はすぐに転職してそれを繰り返す「剛の者」も珍しくはなかったはずだ。(ごく一部の大企業や中央官庁はどうか知らないが)

やがて昭和30年代からの高度成長でどこの会社も労働力が不足し始めたので、労働者を「囲い込む」ようにしたのがいわゆる「終身雇用」といわれるようになったのがきっかけだと思われる。(まあその時代は人口増加期で何でも作ったそばから売れまくる時代で経済は活況を呈したんだよね?昨今はその逆であろうか?)

そして高度成長はあのオイルショックのせいで終わりを告げたとは言うものの、日本はまだ経済成長を信じてはいたし復活は夢でもなかったと思う!(石油不足そのものはすぐ何とか回復したし、あの狂乱物価は市場に対して通貨が供給過剰になったからで石油云々は無関係なのだ!)

失業率も高くはなったが、すぐに「安定成長期」に入りそれも下げ止まりしてバブル景気(そんなに実感はないけどw)を迎えたのは記憶に新しいかな?!w

 

vermilonswan1988.hatenablog.com

そしてバブル崩壊後は経済が低迷(そんなに実感はないけどw)して、あらゆる高度成長期のシステムや労働スタイルが時代遅れになったにも関わらずそれに固執するジイサン世代(?)が若い世代の足を引っ張りはじめたんだよね?

実はそれが日本が停滞している最大の原因なのかも知れないが、それは別の機会にね?

 

 

vermilonswan1988.hatenablog.com

さて終身雇用が崩壊しますた、とは言うけど今さらそれにフィットした能力やスタイルしか持たない普通の会社員がいきなりクビだなんて言われてもどうしていいかわからず右往左往するだけじゃね?

まあそこで考えてみれば昨今(90年代後半~2010年代)は戦前のような「終身雇用?何それおいしいの?」的な状態に戻ったのかな?

もしかして今になって、いわゆるリストラ(労働者の解雇)ではなく終身雇用こそが「禁断の果実」だったと気づいた?