意識低い系ですが、何か? VermilionSwan1988のブログ

外見はともかく、冴えない低収入の「BLACK SWAN」が札幌での日常をつぶやきます!もとえ語ります!(笑)

無責任な担当者Part2

かなり昔の話になるが、面接担当者の無責任な対応には泣かされたものだった。

ある日ぼくは「倉庫内での商品仕分け作業・時給650円」という求人を見つけて応募することにした。(今ではありえないほどの低時給だが、その当時は合法だった)
当時のぼくは設備管理の求人があまりなかったからつなぎのためにフルタイムのアルバイトを探していたのだ。(まさに腰かけモードなんだが)

その新聞広告に出ている番号に電話して、面接を申し込んだが、その担当者はあまりにやる気がなさそうであった。(笑)
「××さんはどこにお住まいですか?」と訊かれてぼくは「豊平区の××です!」と答えた。

ちなみにその会社は中央区の市電の沿線にあり、地下鉄の幌平橋から市電に乗るのがベターである。
「××さん!うちは交通費が10000円までなんですけど、おたくじゃ交通費オーバーしてしまいますよね?」と他人事のような態度であった。

それよりもそんな心配するくらいならば全額交通費出せと言いたい気分になった。(笑)

ちなみにぼくは8時間近いフルタイムを希望しているけど、会社の求人には6時間までになっているけど、そんな「無茶ぶり」聞いてくれるだろうかと考えたけど?

ぼくは少しくらいならば交通費がオーバーしても構わないと思って、申し込んだけど「あぁ××さん!それでもいいならば11時までに来てください!」との返事であった。

そこでぼくは型どおりに携帯電話の番号を伝えようとしたが「ああそれは結構です!時間通りに来てくれれば構いませんから。」と素っ気ない対応。

ぼくはこう考えたが、要するにこの会社は近所に住む主婦だけでいいから遠方のぼくなど来てほしくはないのだと感じた。

それからほどなく設備管理の求人があったので、そこに向かうこととして、市電沿線の会社には行かないと決めた。(笑)

更にぼくの姓名はありふれたもので、個人を特定するのは困難だから連絡はしなかった!(笑)
向こうもぼくの携帯電話の番号を聞く気がないのだからお互い様だろうと思うしかなかった!(笑)

その件に関してはぼくも「無責任」だよね?(笑)