意識低い系ですが、何か? VermilionSwan1988のブログ

外見はともかく、冴えない低収入の「BLACK SWAN」が札幌での日常をつぶやきます!もとえ語ります!(笑)

高度プロフェッショナル制度? 年収1075万円の壁?

痔民党が連合と妥協の産物として「高度プロフェッショナル制度」を立法させようとしているけど、年収1075万ぢゃ僕のような貧乏人にはまったく関係がないが日本の官僚機構は「小さく産んで大きく育てる」のが得意だから油断できない?
www.bengo4.com
そんな事態にならないとも限らないが日本人は社畜でいることになれすぎて、まともなことさえ主張できなくなってしまってるよね?

極端な話、首都圏のラッシュアワーがあんなにひどいのは、労働者がただ遅刻せずに会社に行くことだけしか考えられなくなっているからじゃないのだろうか?(遅刻せずに会社に行くのは何か目的があるはずなんだけど、いつの間にかそれ自体が目的になってしまった?)

そんな風な日本の労働者が法律で「君はこれから高度プロフェッショナル社員だ!年収は1100万だからね?」ならば断わりたくても断れないであろうか?(まさかパートのビルメンがその対象にはならんよね?)

そしてその年収制限はどんどん引き下げられて、政府が目指している400万はすぐそこだろうか?
年収400万と来たら、かなり多くのサラリーマンがそれに該当することになるが「高度プロフェッショナル」なんてどこにいるのかって言う話になりそうだ。(笑)(まあそれでも僕は無関係なんだけど?ww)

そうなったらなぜか「もっと日本人は生産性を上げよ!」と見当違いの話を持ち出す者が出てきそうだな?(笑)
日本人の労働生産性の低さは従業員の働き方とは関係ないことを証明しよう - 小倉さんは考えた


また年間休日104日を必ず取れるようにすると言っているが、今どきの会社ならば120日近くはあるから何を今さらの感だろう?(まあ僕が昔に勤めていた会社ならば104以下だったからありがたいかも知れないが情けないね?)

まあ僕はこの制度だか法案には賛成も反対もしないが「年収1075万の壁」についてどう対応するかを見たいと思っている。