意識低い系ですが、何か? VermilionSwan1988のブログ

外見はともかく、冴えない低収入の「BLACK SWAN」が札幌での日常をつぶやきます!もとえ語ります!(笑)

昔の労働環境?(完全にブラック?)「かつては長時間労働だった?」Part1

今にして思えば本当にひどかったね?(近年ならば完全にアウトでブラック企業扱い必至の労働環境だったろうね?w)

 

ちなみに僕は酒類食品卸関係の会社で物流部門に籍をおいていたけど、もう二度とあんな環境では働きたくはないね。(笑)(まあ労働集約的な仕事で、ある程度の人数がいないと回らない部署だった)

そこでの数々のエピソード(?)をわかりやすく書き出そうかな?(笑)

 

①「業務終了後の会議報告会」

当時僕は札幌市内のある支店(配送センター)にいたが本社で、支店長会議があると後日にその報告会があるのだ。(夕方の終業後にやるんだが…)

僕は定時(5時半過ぎ)を目途に会社をあとにするように効率よく(?)仕事を終わらせるようにしていたが一部のバカは心よくは思っていなかった?(笑)

 

上司から前日あたりに「XXくん!明日は支店長会議の報告会をやるから残ってくれよな!」っていう感じだ。(まあたまには残ってやってもいいが、帰りが遅くなるのはイヤだし、街で好きなペンや文具の店や書店を巡る時間がなくなるのは困るよ!)

その当日、僕は言われた通りに会議室に集まって支店長の話を聞くことになったのはいいが、まだ僕の部署は全員が集まったわけじゃなかった。(確か5時半すぎ?)

 

どうしたんだろうかと思ったが、僕は上司から会議の報告会に出ろと言われたのだからと思って黙っていた。(ちなみに僕はその春に異動して来たばかりだった)

そして開始してから小一時間ほどして、同じ配送センターの連中が会議室に続々と入って来た。(言い忘れたが、僕のいる会社には営業や経理、総務などがある支店の中に配送センターの建物があるのだ)

どうなってるんだろう?会議の報告会があるのはわかっていたのになぜやるべき仕事を終えずにいたんだろうか、と僕は疑問に思えてならなかった。(もしかしてこの報告会とやらは、配送センターの人間が最初から員数外だったのかな?)

 

まあその報告会とやらは本社での会議の内容をただ書類をめくりながら、くっちゃべるだけの中身がない時間つぶしみたいな代物だったと言っても過言ぢゃなかったかな?

結局は終了が9時近くで誰もがみな疲れたような表情だったが、僕はある年配の主任に呼び止められて意味もなく怒られたのだ。(どうしてアンタはみんなの手伝いをしないんだと言う内容だったが、上司の指示で報告会に出たのだから僕は悪くないのだw)

 

そこで「僕はXX主任から出ろと言われたんで、時間通りでました!」との一言そのバカは黙ってひっこんだのだ。(笑)

その時、僕はもうこんなバカげた時間の無駄にはつきあわんぞと思ったのだ。(それから女子社員には、会議の報告会だから彼氏とデートがあっても帰っちゃダメだよと冗談を言った上司もいたらしいが、今ならセクハラだよなぁ?w)

 

それにしても支店の営業とか経理の連中は報告会が終わってからどうしたんだろうか?

帰ったのならわかるが、まさか残った仕事だなんてことはないだろうが、もしもだとしたら狂ってるよ?(そんなに遅くまでやるような仕事なんてあるのか?w)

 

②「設計ミスの倉庫」

まあ話は大げさになるが、普通は物流倉庫なんていうものは出荷と入荷を厳密に区別して設計するものなんだが、僕のいた会社ではそうした区別をしていなかった!(それでも古い倉庫や小さい物置みたいな倉庫ならば仕方ないが…)

入荷した商品はそのまま放置で出荷作業後に倉庫内に搬入するのだが、そうすれば作業が長引くだけなのだ。

しかも商品を入れるために、前からある商品をまた外に出さねばならないこともあって手間と時間のむだが増える一方だった。

 

更に社屋全体の設計というかレイアウト自体にも欠点というか問題が多くて、効率化を阻む要素が多かったと思う。(無駄な作業が増えればいきおい労働時間も長くなるんだから困るよね?)

 

 

 

http://www.picsim-blog.com/entry/labor_standards_act_2016-11-02_

参考までにピコシム氏のブログを貼っておきます!