意識低い系ですが、何か? VermilionSwan1988のブログ

外見はともかく、冴えない低収入の「BLACK SWAN」が札幌での日常をつぶやきます!もとえ語ります!(笑)

共謀罪の真意が見えない?

共謀罪の真意がどこにあるかがわからない。
痔民党は東京オリンピックに備えて、国際組織犯罪防止条約に加盟するためにも必要と力説している。
確かに日本は甘くてチョろい国だから安心して暗躍できるよね、と思われたら話にならない。

だからこそ反対派を押しきってでも成立させたいのだろうけど、およそ国際テロ組織犯罪とは程遠い罪状までが対象になっている。
振り込めサギや麻薬取引、マネーロンダリングなどを取り締まるのは、犯罪組織の資金源を封じるためには効果的だから理解できる。(暴力団抗争なども未然に防ぐことが可能に?)

さてそうなると、国際テロ組織犯罪防止とやらはどうなったのか?(国内の犯罪組織が稼いだ金で海外のテロ組織が助かるケースもあるから意義はある)
僕はある新聞記事で「イスラム系にせよアラブ系のテロ組織はどんな言葉をしゃべりますか?アラブ語やベンガル語とかタガログ語だと思う。間違っても日本語で犯行の打ち合わせをするわけがありません!」と言った内容だったと思う。(今日の警察組織に多彩な語学に精通している人材がいるとは思えない!害務省もとえ外務省ならともかく?)

更にこの手の組織を「追い詰める」には電話やメールなどの通信傍受(盗聴)やアジトの盗聴や監視がよく使われる手段になるが、GPS捜査事件(GPSで得た証拠の是非が問われた)のようにケーサツが暴走して一般市民を「盗聴や監視」して問題を起こさないという保証はない。

だから反対派は上記のように主張するんだろうけど、僕は空港や港湾での水際作戦の方が役に立つのかも知れないと感ずる。
共謀罪自体には賛同するが、何気に政府に意見する市民団体や市民運動を制限するために作った法案になりはしないか心配だ。

とにかくもっと議論してほしいと思う!