意識低い系ですが、何か? VermilionSwan1988のブログ

外見はともかく、冴えない低収入の「BLACK SWAN」が札幌での日常をつぶやきます!もとえ語ります!(笑)

共謀罪とはずいぶん曖昧ですね?

共謀罪とはずいぶん曖昧で、警察を含む「権力側の都合」により何とでも解釈できそうですね?
僕は共謀罪自体は必要性を感じていますし、国際社会の中でこうした条約に加盟していないのは先進国では日本だけらしいので。

安倍総理は処罰の対象は国際テロ組織や反社会的な組織だけで、一般市民がその対象になることはないとしていますし、オリンピック開催に合わせて立法したいのでしょうか?

それにしても組織的犯罪やテロに対応するためとは言え、保安林での不法なキノコ採取や除外されたとは言うものの酒酔い運転が入っているとは!
それなのに重機で鉱物を不法採掘することや選挙違反に特別公務員暴行凌辱罪は除外されているのは権力側におもねっているような感じですね!

他に所得税法違反(税金の滞納?)など、およそ組織的犯罪とは無関係な犯罪が含まれています。
一般市民は関係ないのはわかっていても、いつ何時タイーホされるのかわからない恐怖があります。

組織的犯罪とは無縁な「マンション建設反対」運動がある町内会で始まり、横断幕やポスターやパンフレットを準備したとします。(合法な行為だが)
そして反対派は、いかに法律上は合法だとしても高層マンション建設が地域の景観を損ない、日照権の侵害になるという理由で団結したとします。

やがて反対派は建設用地の前でデモやビラ配りを行いマンション建設の害をアピールしましたが、件の共謀罪では「反対運動はXX建設に対する営業妨害となり、計画的な組織犯罪である!」と認定されないとは断言できませんよね?

他にも低賃金に重労働に苦しむ労働者が会社側に抗議すべく労組を組織するのも、権力側の「気まぐれ」で共謀罪が適用されないとは限られなくなりますよね?(ましてや深夜に社長宅に押しかけたり、声を張上げたり暴言をはいたりすればタイーホ?)

とにかく共謀罪は21世紀の治安維持法になりかねませんね?慎重な審議を願いたいものです!