意識低い系ですが、何か? VermilionSwan1988のブログ

外見はともかく、冴えない低収入の「BLACK SWAN」が札幌での日常をつぶやきます!もとえ語ります!(笑)

こんな男がどうしてクビにならなかった?(不思議だ?)

十数年前だが、僕の現場であるオフィスビルの管理人にとんでもない強者がいて僕はひどい目にあったのだ!(笑)

管理人室が正面出入り口ではなくビルディングの横にあったのだが、思えばとんでもない男であった。(歳は50代の終わりくらい?でそれなりにタッパのある男だった)

 

とにかく些細なことで頭に血が上る短気な性格の嫌われ者であった。(元銀行マンだったらしいが、こんなバカでも銀行は勤まるのかと思った。それを知るのはのちの話)

しょっちゅう出入り業者をどなりつけたりして評判が悪いのだが、しかもそのビルオーナー企業のロゴが入った作業服を着ているのだから始末におえない!(そこはいやしくも分譲マンションで有名なDなのに大丈夫か?)

 

出入り業者とは言うものの、彼らの身内や友人知人にDの悪評判が立ったらどうするつもりなのであろうか?

その出入り業者は「管理人のXXさんからどなられました!」とか言われたらDの幹部はどう対応していたのやら?(Dのイメージダウンになるのがわからなかったなんて言うのは世間に通用しないぜ?)

 

更に僕のことも目の敵にしていて、時給も僕が設備関連の資格があるせいで高かったのも嫉妬の原因だったのだろうか?(笑)

だから些細な行き違いや連絡の遅れなどがあれば、必ずといっていいほど僕に八つ当たりをしてくるのが相場であった。(例えば僕が正直に知りませんでしたなんて言おうものならば激高してどうにも手のつけようがなかった)

 

主な事例

①大型台風が過ぎ去ったその日(僕は休日であった)は台風で飛んで来たゴミの後始末に追われて大変だったらしいが、僕が出勤した日の朝礼で「いいかぁ!台風のせいで大変だったんだぞ!風速50mでゴミがどれだけ飛んで来たのかアンタは知ってるのかッ?終日片づけに追われたんだッ!!」と怒り心頭だったが、まるで僕が台風を呼び寄せたかのような口ぶりであった。(笑)

②日曜に定期清掃(休日のオフィスの床清掃)が入って、清掃責任者から「カードキーを貸してください!ロッカーを開けたいので!」といわれたので僕はカードキーを貸したが、件の責任者はうっかり「警報」をならしてしまい警備会社がビルにやって来た。

翌日に管理人は激怒して僕に「カギを清掃なんかに貸すバカがどこにいるんだぁッ!このバカ!!カギであちこち開けて泥棒されたら誰が責任取るんだぁっ!!バカ野郎!」とどなりまくっていた。本来ならば本社が清掃責任者にカギを渡すべきであり、僕に言うべき話ではなかったのだ。

まあこれなどはほんの一例でありまだまだあきれたエピソードはたくさんあった!(笑)

 

例えば「朝の引き継ぎ」なども一方的に「俺はやりたくない!来るな!顔も見たくない!」などと激高して何週間もボイコットしてしまう!(本社も情けない、こんな男ひとりどうにも出来ないんだから?)

だから僕は出勤するたびに管理人室を訪れたが、追い返される日々であった。(笑)

 

その時、僕は彼(管理人)は何がDの弱みか秘密でも握ってるのかな、と勘ぐっては見たものの確証はなかった。(たかが一管理人に弱みなんか握られるようなDぢゃないよな、と思うしかなかったw)

 

結局は秋が終わり冬の気配がする頃、僕はそのビルを去ってからなのだが彼はサラ金に借金があり早朝から出勤して夜10時過ぎまで管理人室に閉じこもっていたことが判明したのだ!(笑)

そうか道理で朝が早いなぁと思ってはいたが、それが原因だったか?夜のことまではわからなかったが(まだ夜の居残りはしていなかった?)借金取りの催促から逃げ回っていたのかい?(それはあの「師匠」からの情報なのだが)

 

そうなってくると僕を敵視して遠ざけた理由もわかってくると言うものだ。もしかして僕がそれ(早朝から深夜まで管理人室に居ること)を本社やオーナー(D社)サイドに「密告」することを恐れた?(僕は自らそんなことまではしないが、本社やオーナー側に訊かれたならば正直に言うだろうからね?)

 

この時に僕はこの仕事もさることながら会社自体にも大きく絶望したのであった!

(それについてはまた別の機会に?)