読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低い系ですが、何か? VermilionSwan1988のブログ

外見はともかく、冴えない低収入の「BLACK SWAN」が札幌での日常をつぶやきます!もとえ語ります!(笑)

ビルメンを1日でクビになった話Part2

 

この前の続きですが(僕が面接のため本社の事務所に向かったところから)

 

僕は面接なんて久しぶりで、いつもとは違う緊張感を漂わせていたはずです。

十何年も前のことで詳しくは内容を覚えていないんですが、何気にギクシャク

した感じでしたね?(まあ僕は元来、営業などには向かない性格でしたからw)

 

まあそれでも何とか面接に通って内定しました。(ボイラー2級の資格は役に立ちましたね?)

 

しかしそこは病院で「ビルメン三大重労働」といわれ、ビルメンから嫌われる

現場のひとつですが、当時の僕は知る由もなかったのです。(今の僕ならば

最初から問題外で応募する気なしです)

 

僕はこれで失業から解放され資格を活かした仕事ができると思ったのですが

よけいにひどい目に遭うのでした。

 

あまり詳しい時系列は記憶にないですが、秋も深まった10月下旬に初出勤と

決まり打ち合わせがしたいとのこと。

僕はその当日に現場である病院に行き、そこの責任者と会うために受付に

行ったがまるで要領を得なかったのです。

 

困ったが本社に電話して、外来の受付のソファに座って待つことになりました

が現場責任者は待てど暮らせど来ませんでした。(当時の僕は携帯電話を持っておらず、公衆電話で本社の指示をあおいだのです)

 

かれこれ2時間近く経ってから責任者がのんきな顔して開口一番こう言いました

「いやぁXXさん!探したよ、あんたの顔知らないもんでね?」とのたまった

のが責任者氏なのでした!

 

ぼくは「おいおい、人を2時間近くも待たせておいて何たる言いぐさ??」

あきれて物が言えず、呆然と立ちつくしましたよ!

 

僕は後日、部長が会議か何かで来れなかったのが僕を待たせた原因だと説明

されたがそれ以前の問題だなと感じました。(ならば初めて会う人は何時間

でも待たせていいなんて法はないでしょ?)

 

それでも来た以上はどうにもならないので、打ち合わせをしましたが

そこではポケベルと携帯電話を持たされることになりました。

 

他にはこれと言って特筆すべき内容はなく散会して、僕は帰宅の途についたが

何とも言えない後味の悪さだけが残りましたよ。

 

とにかくみなさんはどう思いますか?仕事の打ち合わせや待ち合わせで相手

に何時間も待たされ、あなたの顔がわからなかったのでなんて言われたら?

 

みんな絶許ですよね?相手方の会社に抗議の電凸ですよね?

僕の場合は同じ会社なので、そこまではできませんでしたけど、残りは

また別の機会に!SEE YOU LATER!(で良かった?)